高血圧の第一選択薬ノルバスク

肺高血圧症に効果的なノルバスクは血圧を下げる

高血圧の症状にはさまざまな形態のものがあります。
その一つに、肺高血圧症があります。
肺高血圧症とは、肺動脈の血圧が高くなる病気のことを指しています。
症状としては、息切れ、呼吸困難、めまいなどに見舞われることが多く、日常生活を送る上でも支障が出てくるものです。
肺高血圧症にとりわけ効果的な薬として、ノルバスクがあります。
ノルバスクは、日本でも、1993年から病院での処方がスタートしています。
服用によって、血管を広げ血流を良くするという効果にプラスして、副作用の少ない安全な薬としてに知られています。
また、高血圧だけに限らず、狭心症の薬として処方されるケースもあります。
昨今では、高血圧治療のために、まず最初に選ばれる治療薬となっているほどです。
ノルバスクの主な効果は、冠動脈の内側を拡げる、心筋や冠動脈の収縮を抑える、冠動脈や腎臓を流れる血液の量を増やす、交感神経の興奮を抑えるなどと、実に多岐にわたっています。
特に、血圧を下げる点では、優れた効果を発揮します。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬の働きによって、カルシウムの働きを抑制することで血圧を下げる効果をもたらすのです。
カルシウム拮抗薬が働くと、カルシウムが細胞内に入ることを阻止しますので、結果的に、血管が広がりやすくなります。
ですから、血流が円滑になっていくのです。
カルシウム拮抗薬の種類は多いですが、その中でも、ノルバスクは副作用が少なく安全性が高いこと、そして、効果持続時間が長いなどといったメリットがありますので、病院でよく処方されるようになったのです。
なお、ノルバスクは、長く服用を続けることで、少しずつ血圧を下げていくタイプの薬なのです。
そのため、毎日欠かさず服用を続けることが大切です。