高血圧の第一選択薬ノルバスク

生活習慣病の高血圧症には漢方薬治療かノルバスク

現代日本では、生活習慣病である高血圧症への対策が大きな課題となっています。
4,300万人とも推計される高血圧症患者は、将来の心臓病や脳梗塞などの重大な疾病の予備軍といってもいいでしょう。
生活習慣病ですので、毎日の生活で、塩分を少なくした食事を心掛けるなどの対応が求められます。
また、高血圧症治療に、漢方薬が使われることがよくあります。
西洋薬では降圧効果は大きいものの、副作用が出てくるものもあります。
漢方薬ですと、確かに効き目が出てくるのはゆっくりですが、副作用が少ないという利点があって、軽レベルの高血圧症や高齢者の高血圧症治療で頻繁に使用されています。
さらに、漢方薬治療のメリットとして、高血圧症に原因する肩こり、頭痛、便秘などの付随症状に対しても効果である、と言われています。
このように、漢方薬治療には多くの利点があり、相応の実績を上げています。
他方、逆に、漢方薬治療にはなじめず、西洋薬での治療を望む患者も多いです。
そういった場合は、ノルバスクが推奨されます。
ノルバスクは、第三世代のカルシウム拮抗薬に属する薬です。
穏やかにゆっくりと降圧効果をもたらすというのが、ノルバスクの特徴です。
漢方薬と同じで、副作用がほとんどありません。
この安全性の点でも、医療関係者の間では、非常に好意的な評価が下されています。
また半減期が約35時間と長いですので、効果が長もちします。
24時間以上の持続性がありますので、薬を飲むのは1日1回で大丈夫なのです。
服用管理の容易さも、ノルバスクの良さの一つです。
快適な人生を送るためにも、生活習慣病の克服は重要なテーマです。
優れた治療薬ノルバスクは、いまでは世界的な範囲で使用されています。