高血圧の第一選択薬ノルバスク

狭心症の原因とノルバスクによる治療効果

今の日本では、高血圧症の蔓延が大きな社会問題になっています。
高血圧の症状そのものは、あまり自覚されないものかもしれませんが、将来的には、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険性があり、放置しておくことはあまりにリスキーです。
食生活での減塩を心がけると同時に、適切な治療薬を服用することで、高血圧症の完治を目指すのが好ましい態度です。
現在、ノルバスクという治療薬が、大変に広範囲に使用されています。
ノルバスクは、第三世代のカルシウム拮抗薬であって、降圧効果が著しく高いことで知られています。
機能としては、ノルバスクを飲むことで、カルシウムが細胞の中に入る混むことにストップをかけます。
それで、血管が収縮することなく、正規の状態が保てますので、血圧が下がるのです。
また、副作用もなく、薬の持続時間も長いといった多くのメリットがあり、1993年にファイザー社が開発して以来、全世界で使用されるようになりました。
高血圧症との診断を下した患者に、最初に処方する治療薬は、ほとんどがノルバスクです。
現在では、通販や個人輸入でも購入することができるようになりました。
病院に行く時間が無いという人や、薬を自宅に常に置いておきたいという人が利用しています。
また、心筋や冠動脈の収縮を抑える機能を持っているところから、高血圧症以外にも、狭心症の治療薬として処方されることも少なくありません。
ノルバスクの成分は、アムロジピンと呼ばれるものです。
服用後、血中濃度が6時間ほどで最も高くなり、半減期は35時間程度と、非常に長いのが特徴です。
ですから、1日に1回の服用で血圧を正常に保つ効果が期待できますから、服用管理も大変に容易にできることになります。