高血圧の第一選択薬ノルバスク

メインテートが分類されるβ遮断薬とは?

ノルバスク意外にも高血圧の治療薬はあります。
有名所で言えばメインテートなどがあります。

メインテートとは、血圧を下げる働きのある薬です。(参考:メインテート情報まとめ
心臓の過剰な働きを抑えて心臓を休ませる働きがあり、高血圧症・狭心症・不整脈・慢性心不全などの治療に用いられています。

メインテートは、β遮断薬という種類に分類される薬です。
ノルアドレナリンという脳内の神経伝達物質は、ストレスに反応して分泌されます。ノルアドレナリンは交感神経系に作用して、脳を覚醒させ体の血液の巡りを良くします。

この時には、筋肉に酸素や栄養などが一気に送られていきます。
血液が血管に送られる量が増えるので心拍数は上昇し、血圧も高くなります。血圧が高いと動脈硬化などを招くので、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしやすくなります。
交感神経系の興奮はノルアドレナリンがβ受容体という交感神経に結合することによって、心臓や血管に伝わる仕組みになっています。

β遮断薬は、β受容体に結合することによりノルアドレナリンがβ受容体と結合することを防ぐ作用のある薬のことをいいます。
β受容体を遮断することによって心臓にかかる負担が軽くなり、心拍数が減り収縮も弱まります。
その結果として血圧が下がるので、高血圧症の治療に効果的です。

高血圧が改善されることで、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクを下げることもできます。
β受容体にはβ1・β2・β3といった種類があり、心臓にはβ1が多く血管にはβ2が多いことが知られています。
β遮断薬はこれらのβ受容体を選択的に遮断して、より高い効果を発揮してくれます。メインテートはβ遮断薬の中では、β1に選択的に作用します。
心臓にのみ作用するので、気管支への影響が少ないというメリットがあります。それにより喘息を誘発することが少なくてすみます。

それからメインテートには、心臓の拍動を正常にコントロールする働きもあります。
心臓の拍動が多くなったり、少なくなったりすることを不整脈といいますが、メインテートは心拍数が多い状態を改善する効果が高い治療薬です。
心拍数が多いと1回の拍動の力が弱くなるため、体に十分な量の血液を送ることができません。

メインテートには心拍数を減らす作用があるので、拍動の力を強め体中に血液を送り出すことができるようにしてくれます。
メインテートは半減期が長いので、持続性があります。メインテートは24時間という持続性があるので、1日1回の服用で大丈夫とされています。
メインテートを服用する際には、決められた用法や用量を守る必要があります。