高血圧の第一選択薬ノルバスク

ノルバスクと落花生で心臓、脳、目の動脈硬化を予防

高血圧になると一番問題になるのが動脈硬化が進行する事にあります。心臓や脳、腎臓、足、目の動脈硬化などが全身で起こり、心筋梗塞や脳梗塞、下肢の壊死などを引き込す危険があります。動脈硬化を予防したり進行を止めるには、血圧を下げる事が重要になり、生活習慣を見直しても血圧が下がってこない時には、降圧剤を使用する必要があります。ノルバスクはカルシウム拮抗薬のひとつで、アムロジピンが主成分となっています。降圧剤の中でも安全性が高く、使用される頻度が多い降圧剤です。ノルバスクは血管を広げて血流を良くする作用があり、血圧を下げるほか、狭心症の治療薬としても使用されています。ノルバスクは副作用が少ない降圧剤ですが顔のほてりやめまい、頭痛などが出る事があります。安全性が高いため高齢者でも良く使用せれていますが、妊婦や授乳婦は使用不可になります。ノルバスクは飲んでから効き目が出るまでがゆっくりなので、急いで降圧したい人には不向きになります。またカルシウム拮抗剤のため、グレープフルーツの影響に注意が必要です。医薬品なので医師の処方がいりますが、個人輸入などでも購入する事が出来ます。またジェネリックも販売されています。高血圧の人は動脈硬化を悪化させるため、高脂血症にならないように気をつける必要があります。落花生などのナッツ類はカロリーが高く控える人が多いですが、動脈硬化を予防する効果があると言われています。落花生に含まれる不飽和脂肪酸はコレステロールの増加を防ぐ効果があります。また落花生に含まれる栄養素には抗酸化作用が高いビタミンEや食物繊維、カルシウムなどがあります。動脈硬化は最悪の場合は死に繋がる恐い病気です。ノルバスクなどの降圧剤と落花生などで、血圧管理して行きたいものです。