高血圧の第一選択薬ノルバスク

ノルバスクのメリット

生活習慣病としての高血圧症対策が、現代日本では大きな社会的テーマになってきています。
高血圧症を放置すると、脳梗塞や心筋梗塞など、死に至る恐れのある重篤な疾病を招きかねません。
日本には、4,300万人もの高血圧症を患っている人がいるとの調査データもあります。
将来において、重大な病につながるリスクを持った高血圧症に対しては、治療薬も多く出ています。
とりわけ、ノルバスクが非常に強い注目を集めています。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬と呼ばれるカテゴリーに属する薬です。
高血圧の仕組みが、血管に強い圧力がかかるのが原因ですから、血管そのものを拡張することによて、血管への圧力を下げることで、高血圧を治療しようという趣旨のものなのです。
カルシウム拮抗薬を飲めば、カルシウムが細胞内へ流入するプロセスにストップをかけますので、血管が収縮することなく、円滑な血流を保つことができるのです。
ですから、ノルバスクは高血圧だけでなく、狭心症に対しても適用されることがあるほどです。
このノルバスクには多くのメリットがあります。
まずは、強力な降圧効果です。
医師が最初に処方する降圧剤がノルバスクであると言われるほど、医師からの信頼も厚いです。
二番目に、副作用がほとんどありません。
ほかのカルシウム拮抗薬の場合、頭痛、動悸、胸やけ、ほてりなどの副作用がときおり報告されますが、ノルバスクでは、ほとんど聞かれません。
重大な副作用は皆無と言っていいでしょう。
ですから、安心して処方できるのです。
三番目のメリットが、効果が長時間にわたって持続するということです。
半減期が約35時間ですので、薬を飲むのは1日1回でいいのです。
薬の効果が切れて、すぐに血圧が上がるというのでは、患者にとっても服用管理の点で煩雑極まりないです。
このように、メリットの多いノルバスクは、多くの治療効果をあげています。
■将来起こる病を防げる
アムロジピン